お年寄りによる交通事故

2016/10/05

最近多いのが、お年寄りによる交通事故です。私もつい先日、その事故に巻き込まれてしまいました。高齢者マークのついた車が前を走っていたので気にはしていました。その車が急に交差点で停止したのです。そこは右折車線と直進車線があり、私とその車は直進車線にいました。もちろん、前を走っているおじいちゃんもまっすぐ行くものだと思っていたのに、右に曲がりたかったようです。

急停止した前の車に驚き、私は急ブレーキをふみました。なんとか衝突を免れました。ですが、なんとおじいちゃんは車をバックさせ始めたのです。右折車線に戻ろうと思って、後ろに下がろうとしたのです。そのまま右になんとか入ればいいのにとおもいました。私はクラクションを鳴らして叫びましたが、聞こえてはいなかったようで、派手にぶつけられてしまいました。衝突でようやくおじいちゃんも気が付き、車から降りてきました。ですが、交差点の真ん中で停止して降りてきてしまいました。危ないので、取り合ず車を路肩によけてくださいとたのみ、お互い安全圏へ避難して警察をまちました。相手は保険に加入していなかったらしく、全額を自腹で負担するとおっしゃいました。年金暮らしで大変だから、まけてほしいと交渉されましたが、かわいそうだけれど断りました。じゃあお金は払えないといわれ、弁護士に相談をしようかとも思いました。けれど、裁判は困ると言われて、結局自腹で払ってもらいました。